カメラ買い替えには買取を使う理由

カメラオタクでもあるのですが
写真を撮ったりするだけじゃなく、カメラ本体への興味もあるためカメラを集めています。

 

 

とくに最近はデジタルカメラより古いフィルムカメラへの関心が高くなっており
アンティーク物を中心に集めることに没頭しています。

 

最後にたどり着いたのがアンティークカメラなんです。
最近主流なデジタル一眼レフカメラも悪くはありません。いや、性能的には今のカメラが一番でしょう。
でもね、趣味として使うカメラとしては味がないんです。

 

 

何も故障なく使えるデジイチなんだけど、どことなく扱ってる感がないんですよねぇ・・・。
あえてアナログなカメラを手にしているとカメラ小僧的な感覚になっていて、それがまたカメラ好きにはたまりません。
昔なんてKYOSHOのラジコンをめちゃくちゃ集めてたことがあり、アンティークなカメラにはラジコンに通じるものを感じちゃいます。

 

 

 

アンティーク物なので1点ものとなるため、実際にカメラを買うには運も必要です。
たまたま訪れた中古カメラ店で極上の古いカメラが入荷していることもあり
定期的に中古カメラ店を訪問してチェックしなくちゃなりません。

 

中古カメラ店のHPなどもチェックしますが
それだと情報が若干遅いこともり、状態の良い古いカメラを手にするには
実際に足を運んでチェックするのが一番なのです。

 

 

カメラ買い替えには買取活用がベター

 

今まで比較的新しいデジタルモノのカメラを集めていたこともあるんですが
それをキープしたままアンティークカメラを買うには資金が圧倒的に足りないため
ほぼ使うことのないデジタルカメラに関しては売却して現金化しています。

 

カメラを売る手段としては「個人売買もしくは業者へ買取」になりますが
個人売買するには労力と時間がかかっちゃうためパスです。

 

過去に一度だけ個人売買にチャレンジしたことあるんですが
ものすごく手間がかかった割には手元に残ったお金が多くないことにガッカリでした。
売り方にもコツがあるんだろうと思うけど、こんな時間と労力かけるくらいなら
高く査定してくれる店へ売ったほうが断然マシだというのが自分なりの結論です。

 

 

 

どこへ売っても同じだと思ったらダメ

 

カメラ買取店を利用して売却する方法ですが
意外にも買取店によって査定には開きがあるためできることなら最初から高い店の査定を利用して
それなりの中古買取相場を頭に入れた状態で最終的に売る店を決めるのがポイントになります。

 

 

買い替え戦術で重要なことは
相場を知って強気で交渉しろ」です。

 

 

ただ、やみくもに査定しまくっても全く持って無駄です。
狙いを絞って査定してもらい、相場を知ることで有利に買取交渉を展開するのが
上手な買い替え戦術となります。

 

 

仮にその金額未満でしか引き取れないと言われた場合には
無理してその店を使う必要なんて全くありません。

 

だったら中古相場の高い店へ送ることで買取してくれるので
家から近所という理由だけで中古カメラ店へ安く売るのはモッタイナイです。

 

カメラ買い替えで妥協は禁物です。

トップへ戻る